ブログ|神田駅・新日本橋駅で歯科をお探しの方は
神田駅前歯科クリニックまで

  • 03-3272-0707
  • メニュー

こんんちは!神田駅前歯科クリニックです。

雨が多い季節になってきましたね。私個人の悩みとしては洗濯物が生乾きであったり、乾かなかったりと洗濯物問題が起きてしまうことです。

次の日晴れ予報でていても朝起きたら普通に雨が降ったりとイライラするかと思います。どんなに気をつけても、色んな洗剤を試しても、気づけば臭ってくる、あの嫌な臭がしたりするでしょう。

あの部屋干しの嫌な臭いの正体は、「モラクセラ菌」という雑菌が主な原因です。このモラクセラ菌が、洋服に残った皮脂などの汚れを食べながら繁殖、増殖していく事で臭いが発生します。モラクセラ菌は水分がある場所で繁殖します。その「水分」をコントールすること、つまり「早く乾かしてあげること」で、雑菌の増殖を抑えることができます。

雑菌が増殖し臭いを発するタイミングは平均的に「5時間後」です。つまり、5時間以内に乾かす事ができれば、雑菌が増殖しにくくなるため、部屋干し臭がしにくくなる、というわけです。

最近では浴室乾燥機がついている物件も多く、困らないって思う方もいらっしゃるかと思います。ただお風呂に入って、上がったあとそのまま洗濯物干しても乾きにくいですし、部屋干し臭がとんでもないことになります。

だから一度タオル等で壁や床の水をきってから干すと臭い等抑えられます。面倒だなって思った方、たしかに洗濯物のためにって思えてしまうんですが、かんがえ方を変えると浴室もふけるので浴室、お風呂に水アカやカビが発生することを抑制できるのです。まさに一石二鳥ですね笑

干し方も工夫することで乾きやすくなったり、扇風機の風をあてたり等さまざまな工夫があると思います。ぜひ皆さんの独自の工夫がありましたら当院にお越しの際に教えてください!!

こんにちは。

神田駅前歯科クリニックです!

以前にも熱中症についてお伝えしましたが、再度書かせていただきます。

熱中症が疑われるときの対処法として、こまめな水分補給が挙げられます。水分補給は大切なことですが、水分だけを補給しているとかえって症状を悪化させることもあるので注意が必要です。

水分補給が熱中症の悪化につながることも?!

水分補給はしていたはずなのに熱中症になったり、水分補給が逆に症状を悪化させたりすることもある―――?

高温多湿の屋内外で30分を超える長時間の労働やスポーツなどにより汗を大量にかくと、体内の水分とともに塩分やミネラルも奪われてしまいます。
そこに水分補給だけを行うと、血液中の塩分・ミネラル濃度(体内における塩分やミネラルの割合)が低くなり、様々な熱中症の症状が出現します。

つまり、水分だけを補給することがかえって、熱中症の発症へとつながったり、悪化させたりすることもあるのです。

熱中症時の水分と塩分の補給の仕方

熱中症が疑われるときは、ただ水分を補給するのではなく、塩分も一緒に補給することが重要です。自分で手軽に作れる食塩水もよいでしょう。 目安として、1ℓの水に対して1~2gの食塩を加えます。 さらに、長時間のスポーツなどで失われた糖分を補い、エネルギーを補給するために砂糖などを加えると、水分や塩分の吸収が良くなる上に、疲労回復にもつながるのでより効果的です。 手早く塩分・糖分を一緒に補給できるスポーツドリンクなどによる水分補給もおすすめです。ただし、カフェインの入った飲み物は利尿作用が強くなるので避けましょう。水分・塩分補給にオススメ!

ここがポイント!

熱中症のときには、上手な水分・塩分補給がポイントです。
水分だけでなく塩分も補給することで、症状の改善が期待できます。
塩分の補給には、塩分を含む飴・タブレットや梅干しなどもよいでしょう。
熱中症の症状が見られる際、意識がはっきりしない場合は大至急医療機関へ。意識がはっきりしている場合は、涼しい日陰や屋内で適切な水分・塩分補給を行い、安静にすることで多くは改善します。いつもと違うなと感じたり不安があったりするときには医療機関を受診しましょう。
また、こまめな水分・塩分の補給は熱中症予防にも有効です。とりわけ1時間を超える長時間のスポーツなどの際には、塩分に加え糖分の入ったスポーツドリンクなどでこまめに水分補給することで、熱中症を予防しましょう。

PHとは・・酸性、アルカリ性の度合いを表したものです。

PH7.0以上→アルカリ性

PH7.0→中性

PH7.0→酸性

数字が小さくなるほど酸性度が高くなります。普段のお口の中は6.5〜7.0で弱酸性から中性ですが、飲食をするとお口の中は酸性に傾きます。歯の表面が溶け出せれるPHは5.5です。

単に酸っぱいから酸性ということではありません。ポカリスウェットなどの成分表示を見てもらうと表記されているのですが、『酸味料』が含まれています。

ポカリスウェットのPHは約3.5!!

歯の表面が溶け始めるPHは5.5ですのでかなり酸性度が高いことが分かります。お子さんの好きなフルーツジュースやヤクルトなども酸性度が高い傾向なあります。(PH3.5〜4.0くらいです。)またフレーバー付きの透明な飲料も意外に酸性度が高いです。

ちなみに胃酸はPH1.0〜2.0です。とても酸性度が高いです。嘔吐などを繰り返すと歯が溶かされるのはこの胃酸によるものです。

皆さんお好きなコカコーラはPH2.2程度です。ほぼ胃酸と同じなのです!!

なので炭酸飲料をちびちび飲んだり水分補給のようにこまめに飲むということは常にお口の中を酸性にし続けているということになりますので控えるべきです。

だらだら、ちびちびと飲み続けるよりも一定のタイミングで飲み、それ以外はお水や、お茶で過ごすことが歯の表面のためにはいいのです!!

自粛期間が徐々に明け、外食等が増えていると思いますが今一度ご自身の普段摂取している飲み物も見直してみてください!!

こんにちは、神田駅前歯科クリニックです。

突然ですが、皆さんは歯1本の価値はいくらだと思いますか?

上の図は一般女性100人に、『あなたはご自身の歯1本の値段はいくらだと思いますか?』というアンケートをとった結果です。悲しいことに、6割もの方がご自分の歯の価値は1万円以下だと答えたのです・・・!!!

歯はあって当たり前と思っていませんか?

永久歯(大人の歯)は削ったら元には戻りません。

一度抜いたら生えてきません。

今はインプラントという素晴らしい技術もありますが、ご自身の歯に勝るものはありません。ご自身の歯以上にしっかり噛めるものはありません!!

今一度、歯の大切さを考え直しましょう!歯はものを噛む以外にも役割があります。

①食事の楽しみ:食べることは最大の歯の役割です

②会話、コミュニケーション:歯がなくなると空気が抜けてうまく発音できません

③パフォーマンスの向上:良い噛み合わせは集中力を高め、仕事や勉強、スポーツのパフォーマンス向上につながることがわかっています

④顔や表情を作る:前歯がないと信頼性に影響すると言われ、唇の張りも失われ老けて見えます。奥歯がなくなると顔の輪郭が変わります

このように、歯には様々な役割があります。

専門家の意見では、歯1本の価値をは100万円、口全体で3000万円とも言われています。一度失ってしまった歯は元には戻りません、どんなにお金があっても元には戻りません。

お金にはかえられない歯ですので、一生大切にしていきましょう!!!

歯周病という病気は現在メディアでも多くとりあげられ、認知している方もおおいかと思います。歯磨きは一番大切なのは間違いありません。ただ人間毎日なにかしらの食べ物を食べなければ死んでしまいます。

だから歯周病を食べ物から予防できてもいいのではないかと考え、今回調べました。

まず、歯茎にいい食べ物の条件はビタミンC、E、B2、食物繊維を豊富に含むもの。具体的にはリンゴやカリフラワー、ブロッコリー、小松菜などで、これらはいずれも、”歯ぐきにいい食べ物”なんだそうです。またキノコ類全般にも食物繊維が豊富に含まれるため予防にいいと言われています。

また飲み物では牛乳と緑茶がいいそうです。牛乳はカルシウムを多く含んでいるので歯にいいのは勿論、歯を支えている骨を強くするのでもってこいです。あと緑茶に含まれるカテキンは抗酸化作用・抗炎症作用があり、歯ぐきを強化します。

このように食べ物から予防する方法はあります。しかし、あくまで補助的な役割です。一番重要なものは歯ブラシということは変わりません!!参考にしてみてください。

酢を飲んで健康増進やダイエットを、という健康情報をよく目にします

美容と健康を意識しているかたのあいだで人気があるようです

また、柑橘類もビタミンCがタップリ

昔から酸っぱいものはお肌にいいし、疲れをとるなんて言います

日本人にとってはなじみやすい健康法なのでしょう

酸っぱい刺激って、とてもおいしいですよね

ですが、心配な事もあるんです。それは、酸の強い飲食物は歯を痛めやすい、ってことなんです

歯はカルシウムなどで出来ているってことは皆さんご存知だと思います

実はこのカルシウム、酸に触れると化学反応を起こして溶けてしまうんです

酸に長く触れたり、繰り返し触れるほど溶けてしまいます

酸っぱいものは、ゴクッと一気に飲食するとむせやすいので、ちょっとずつ、チビチビと飲んだり食べたりしがち

朝のレモンと夜の黒酢。。。

美容や健康に関心が高く、熱心で真面目な方ほど「この健康法でいこう」と思い定めると一途に毎日続けるため、酸の影響を受けてしまいやすいんです

前歯に不自然なツヤがあったり、よく歯磨きしているのにやたら黄色かったり、薄くなって透けたりしてませんか?

知覚過敏の症状は出ていませんか?

黒酢は歯になるべく触れないように工夫して飲むとか、酸っぱいものを飲食した後は水やお茶を飲んだり口をすすぐとか、少し時間を置いてから歯磨きするとか、可能な範囲で酸の影響を減らす工夫をはじめてくださいね。

からだによいことがにも良いとは限らず、健康法もほどほどが大事かもしれません。

歯が酸に溶けて傷んでいないか心配なかたは、歯科医院でいちど相談なさるのをオススメします

こんにちは!

神田駅前歯科クリニックです!

いよいよ関東も梅雨入りしてなんだかジメジメしていますね

これからの時期、湿気で髪型が上手く決まらないと美容院へ行ったり、

女性の場合は夏に向けてサンダルを履く機会が多くなると足のネイルをされる方も多くなるのではないでしょうか?

そんな時にサクッと便利に予約できるのが、【ホットペッパービューティー】です!

実は、当院でもホットペッパービューティーからの予約が可能なんです!

急なお痛み、被せ物が外れた、検診やクリーニング,ホワイトニングをしたいなどございましたら、ホットペッパービューティーのサイトから【神田駅前歯科クリニック】で検索していただきいつでも是非ご活用ください。

ここ数年注目を浴びている《腸内フローラ=腸内の細菌叢》という言葉聞いた事ありますか??

腸内解析の技術が進んでいき、腸内細菌 腸内環境というのはさまざまな癌、糖尿病、アレルギー、うつ病などの精神病や太りやすさや老化のしやすさまでにも関係していることがわかりました!

腸内フローラの細菌バランスを改善したいという場合、食生活や運動を気にかけている方も多いのではないでしょうか?

腸だけでなく、口腔内にも10億個以上の口腔内細菌が存在し、口腔内フローラを形成しています。

口から肛門までを川の流れに例えれば、上流である口腔内が不衛生で雑菌が繁殖していれば、飲み込んでその菌が腸へ届いてしまい、腸内細菌叢のバランスに悪影響を与えたり、アレルギーの原因になることがあります。

腸内環境を健康にするならば、口腔内の状態も綺麗にすることが重要です。

正しいブラッシングによる口腔ケアが一番大切です!!

そのほかには、

⭐︎唾液をたくさん出す←唾液が出ることによって口腔内の殺菌や消化吸収を助ける作用がある

⭐︎起床後のブラッシング←起床時のお口の中が一番細菌数が多い

⭐︎デンタルクリニックで定期検診やクリーニング

お口は、食べ物が入る一番最初の場所です! 綺麗にしましょう^o^

夏も近づいてきました!関東はそろそろ梅雨入りと言われていますね。

そこで夏に向けてホワイトニングはいかがでしょうか。

歯の色が白くなるだけで、顔の印象や雰囲気が全く違ってきます。清潔感もでて、肌の色がトーンアップしたようにも見えます。白い歯は笑顔をより一層明るいものに見せてくれます。

歯を白くする方法は大きく分けると2つあります。

❶歯の表面についた着色をとる(PMTC)

❷歯そのものを白くする(ホワイトニング)

今回のブログでは❷歯そのものを白くする(ホワイトニング)について書かせていただきます。

ホワイトニングは大きく分けると3種類あります。

❶ホームホワイトニング専用のマウスピースを作製し、マウスピースの中にホワイトニング剤を入れ数時間装着します。2週間ほど毎日装着していただきます。歯が白くなるまでに時間はかかりますが、時間をじっくりかけ薬剤を浸透させ白くしていくため後戻りまでが比較的遅いです。

❷オフィスホワイトニング歯医者で行います。ホワイトニング剤を塗布し、光を当てることで急速に歯を白くします。処置時間はクリーニングも含めて90分程度です。薬剤の濃度が高いため知覚過敏を引き起こす事もありますが、アフターケアをしっかり行えば一時的なものになります。がしかし、1日で白くするため持続性がなく、後戻りがホームホワイトニングに比べ早く起こりやすいです。

ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングそれぞれに利点・欠点があります。1番良い方法としてはこの2つを併用し、それぞれの欠点を補ったホワイトニングをお勧めしております!!

白い歯を手にれて、この夏を乗り越えましょう!!

相談等もお待ちしております。

最近東京はもう夏なのではないかというくらい熱くなってきました。

新型コロナウイルス対策で長時間マスクを着ける人が増え、感染防止に必要な習慣だが、これからの暑い季節には、上手に着脱して熱中症を防ぐことが求められます。

そもそも熱中症とは、高温多湿な環境に人体が適応できなくなることから生じる、様々な健康上の問題や症状を総称したものです。少し前の時代には「日射病」や「熱射病」等の名称が一般的でしたが、現在ではこれらも熱中症に含まれています。

気温と湿度が高くなると、身体は汗をかくことで体温の異常な上昇を防ごうとしますが、様々な理由でこのメカニズムがうまく機能しない場合、熱中症の一連の症状に見舞われることがあります。
熱中症の初期には、めまいや顔のほてり、筋肉痛や筋肉のけいれん、だるさ、吐き気などの自覚症状のほか、汗が異常に出るか、または全く出ない、皮膚が異常に熱くなる、歩行困難、呼びかけに応じないなどの意識障害も代表的な症状です。熱中症は、小さな子どもから高齢者まで、暑い季節は誰にでも起こり得るので、いっそうの意識の啓発が重要視されています。

軽度の段階の熱中症であれば、涼しい場所で身体を冷やすなどの適切な応急処置を施せば、ほとんどの場合は回復します。
しかし手当てが遅れると重症化し、命に関わるケースもあるのが熱中症の恐ろしいところです。初期症状のめまいや異常な体温上昇などを放置していると、さらに体温が40℃を超えるほどに上昇して脱水状態となり、意識の混濁や異常な言動、全身のけいれん、嚥下障害などへと症状が悪化していきます。
さらに昏睡状態から多臓器不全を起こすと、最悪の場合は死に至ることもあります。最悪のケースなのでめったに起こりませんが、気をつけるにこしたことはありません。

対策はこちらになります。

熱中症を予防する

今年はリモートワークなどお家にいるから大丈夫って思っているかたいませんか?室内でも起こる可能性は充分あります。例えばお風呂!湯船に浸かって15分してかお風呂からあがり、30分安静にしていると900mlもの水分が失われるのです。だからこまめにお水等飲んで暑い夏をのりきっていきましょう!!

1 2 3 4 5 6 7 10