ブログ|神田駅・新日本橋駅で歯科をお探しの方は
神田駅前歯科クリニックまで

  • 03-3272-0707
  • メニュー

こんにちは!

神田駅前歯科クリニックです!

いよいよ関東も梅雨入りしてなんだかジメジメしていますね

これからの時期、湿気で髪型が上手く決まらないと美容院へ行ったり、

女性の場合は夏に向けてサンダルを履く機会が多くなると足のネイルをされる方も多くなるのではないでしょうか?

そんな時にサクッと便利に予約できるのが、【ホットペッパービューティー】です!

実は、当院でもホットペッパービューティーからの予約が可能なんです!

急なお痛み、被せ物が外れた、検診やクリーニング,ホワイトニングをしたいなどございましたら、ホットペッパービューティーのサイトから【神田駅前歯科クリニック】で検索していただきいつでも是非ご活用ください。

ここ数年注目を浴びている《腸内フローラ=腸内の細菌叢》という言葉聞いた事ありますか??

腸内解析の技術が進んでいき、腸内細菌 腸内環境というのはさまざまな癌、糖尿病、アレルギー、うつ病などの精神病や太りやすさや老化のしやすさまでにも関係していることがわかりました!

腸内フローラの細菌バランスを改善したいという場合、食生活や運動を気にかけている方も多いのではないでしょうか?

腸だけでなく、口腔内にも10億個以上の口腔内細菌が存在し、口腔内フローラを形成しています。

口から肛門までを川の流れに例えれば、上流である口腔内が不衛生で雑菌が繁殖していれば、飲み込んでその菌が腸へ届いてしまい、腸内細菌叢のバランスに悪影響を与えたり、アレルギーの原因になることがあります。

腸内環境を健康にするならば、口腔内の状態も綺麗にすることが重要です。

正しいブラッシングによる口腔ケアが一番大切です!!

そのほかには、

⭐︎唾液をたくさん出す←唾液が出ることによって口腔内の殺菌や消化吸収を助ける作用がある

⭐︎起床後のブラッシング←起床時のお口の中が一番細菌数が多い

⭐︎デンタルクリニックで定期検診やクリーニング

お口は、食べ物が入る一番最初の場所です! 綺麗にしましょう^o^

夏も近づいてきました!関東はそろそろ梅雨入りと言われていますね。

そこで夏に向けてホワイトニングはいかがでしょうか。

歯の色が白くなるだけで、顔の印象や雰囲気が全く違ってきます。清潔感もでて、肌の色がトーンアップしたようにも見えます。白い歯は笑顔をより一層明るいものに見せてくれます。

歯を白くする方法は大きく分けると2つあります。

❶歯の表面についた着色をとる(PMTC)

❷歯そのものを白くする(ホワイトニング)

今回のブログでは❷歯そのものを白くする(ホワイトニング)について書かせていただきます。

ホワイトニングは大きく分けると3種類あります。

❶ホームホワイトニング専用のマウスピースを作製し、マウスピースの中にホワイトニング剤を入れ数時間装着します。2週間ほど毎日装着していただきます。歯が白くなるまでに時間はかかりますが、時間をじっくりかけ薬剤を浸透させ白くしていくため後戻りまでが比較的遅いです。

❷オフィスホワイトニング歯医者で行います。ホワイトニング剤を塗布し、光を当てることで急速に歯を白くします。処置時間はクリーニングも含めて90分程度です。薬剤の濃度が高いため知覚過敏を引き起こす事もありますが、アフターケアをしっかり行えば一時的なものになります。がしかし、1日で白くするため持続性がなく、後戻りがホームホワイトニングに比べ早く起こりやすいです。

ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングそれぞれに利点・欠点があります。1番良い方法としてはこの2つを併用し、それぞれの欠点を補ったホワイトニングをお勧めしております!!

白い歯を手にれて、この夏を乗り越えましょう!!

相談等もお待ちしております。

最近東京はもう夏なのではないかというくらい熱くなってきました。

新型コロナウイルス対策で長時間マスクを着ける人が増え、感染防止に必要な習慣だが、これからの暑い季節には、上手に着脱して熱中症を防ぐことが求められます。

そもそも熱中症とは、高温多湿な環境に人体が適応できなくなることから生じる、様々な健康上の問題や症状を総称したものです。少し前の時代には「日射病」や「熱射病」等の名称が一般的でしたが、現在ではこれらも熱中症に含まれています。

気温と湿度が高くなると、身体は汗をかくことで体温の異常な上昇を防ごうとしますが、様々な理由でこのメカニズムがうまく機能しない場合、熱中症の一連の症状に見舞われることがあります。
熱中症の初期には、めまいや顔のほてり、筋肉痛や筋肉のけいれん、だるさ、吐き気などの自覚症状のほか、汗が異常に出るか、または全く出ない、皮膚が異常に熱くなる、歩行困難、呼びかけに応じないなどの意識障害も代表的な症状です。熱中症は、小さな子どもから高齢者まで、暑い季節は誰にでも起こり得るので、いっそうの意識の啓発が重要視されています。

軽度の段階の熱中症であれば、涼しい場所で身体を冷やすなどの適切な応急処置を施せば、ほとんどの場合は回復します。
しかし手当てが遅れると重症化し、命に関わるケースもあるのが熱中症の恐ろしいところです。初期症状のめまいや異常な体温上昇などを放置していると、さらに体温が40℃を超えるほどに上昇して脱水状態となり、意識の混濁や異常な言動、全身のけいれん、嚥下障害などへと症状が悪化していきます。
さらに昏睡状態から多臓器不全を起こすと、最悪の場合は死に至ることもあります。最悪のケースなのでめったに起こりませんが、気をつけるにこしたことはありません。

対策はこちらになります。

熱中症を予防する

今年はリモートワークなどお家にいるから大丈夫って思っているかたいませんか?室内でも起こる可能性は充分あります。例えばお風呂!湯船に浸かって15分してかお風呂からあがり、30分安静にしていると900mlもの水分が失われるのです。だからこまめにお水等飲んで暑い夏をのりきっていきましょう!!

1.歯を強くする食べ物

カルシウム、ビタミンA、ビタミンCを含む食品は歯を強くしてくれる食品です。

魚介類や海藻類、牛乳などの乳製品はカルシウムを多く含み、シイタケなどのビタミンDを多く含む食品は、カルシウムの吸収を助けてくれます。
魚の骨まで食べてしまえば、更なる効果が期待できます。

■海藻類:ヒジキ、わかめ、昆布、海苔など

海藻類はph数値が高いアルカリ性の食品ですから、歯にとって非常に良い食品になります。

■乳製品:パルメザンチーズ、プロセスチーズ、カマンベールチーズ、無糖ヨーグルトなど

カルシウムを多く含む乳製品は歯を強くします。 

■ビタミンAを含む食品:にんじん、パセリ、海苔、わかめなど

ビタミンAは歯のエナメル質を強化します。

■ビタミンCを含む食品:焼きのり、パセリ、ピーマン、ケールなど

ビタミンCは歯の象牙質の形成を支えます。 

2.歯に良い飲み物 

牛乳・お茶

■牛乳はカルシウムを多く含み、歯にとても良い飲み物になります。
■日本茶はその中に含まれているカテキン(ポリフェノール)、フッ素等の働きにより抗菌作用に優れ、むし歯予防作用があります。
■発酵を途中で止めるウーロン茶特有のポリフェノール(苦味成分)が歯垢の発生を抑えてくれます。
■抹茶、煎茶、玉露、番茶、ほうじ茶、ウーロン茶等

3.繊維質の多い食べ物

ニンジン、ごぼう、レタス、セロリ等は繊維質が多く含まれるので【直接清掃性食品】とも呼ばれています。
噛むことにより、歯や粘膜の表面が清掃され、唾液の分泌促進やアゴの発達にもつながります。

人は食べることで、生活に必要な栄養を得ています。この為には、咀嚼する歯が大切になります。毎日の食事を美味しく楽しく豊かにするための1つとして

丈夫な歯になるための食事を頭の片隅に入れていただければ嬉しいです!

丈夫な歯 キャラクターのイラスト素材 [26099593] - PIXTA

「歯ぎしり・食いしばりには眠る時にマウスピースをつけるのがいい」

そんな話を聞いたことがある人もいるかもしれません。それは寝ているときに人は無意識に歯ぎしりをしているから睡眠時にマウスピースの推奨しているのです。また睡眠時に着用するマウスピースのことをナイトガードと言います。

マウスピースと言っても、歯ぎしり・食いしばりが引き起こす問題を防ぐ効果のあるマウスピースと、そうでないマウスピースがあります。

マウスピースには大きく3つの種類があります。患者様自身がセルフで作るタイプのマウスピース、スポーツ用マウスピースと睡眠時専用マウスピース「ナイトガード」です。

今回はみなさんも誰でも使えるナイトガードについてお話しします。

まず市販とかネットで購入して自宅で作成し装着できるセルフタイプのナイトガードがあるのをご存知ですか?お使いになっているかたもいるかと思いますが当院ではオススメいたしません。

セルフで作るタイプのマウスピースは、沸騰させたお湯で既成の樹脂プレートを温め、これを歯にはめて噛み込むことで成形するというものです。

歯医者に行かなくてもマウスピースが手に入るという意味ではメリットかもしれません。

しかし、セルフで作るタイプのマウスピースは自分の感覚だけで成形してしまうため、噛み合わせの調整ができません。結果、噛み合わせのバランスが崩れるので、アゴの痛みや怪我に繋がるのです。ひどい場合顎関節症を悪化させることもあります。

人間の噛み合わせというのは非常に繊細なもの。少しのズレが歯やアゴに大きな負担を与えます。正しい噛み合わせにするためには、門的な知識を持った歯医が調整する必要があります。

スポーツ用マウスピースを寝るときに使用すればいいじゃないかとお考えになれた方もいるかと思います。しかし、スポーツ用マウスピースには夜間の歯ぎしり・食いしばりへの効果はあまり期待できません。

スポーツマウスピースの役割は、パンチやタックルなどの衝撃から歯を守る以外に、瞬発的な食いしばりから歯を守ったり、歯で自分や相手を傷つけることを防いだりすることです。

人との接触の多いスポーツにおいては、重たいものを守ったり、転びそうになった際に踏ん張ったりと、力を込める場面で瞬発的な食いしばりが行われます。だから睡眠中の歯ぎしりは長時間続いてしまうこともあるので適切ではありません。

睡眠時専用マウスピース「ナイトガード」は名前通り、夜間の歯ぎしり・食いしばりから歯やアゴを守るために使用されるものです。

しかしナイトガードにも実は2つの種類があります。一つはスポーツ用マウスピースに多いゴム製のソフトタイプ、もう一つはレジンを固めて作るハードタイプです。歯ぎしりが強い方にはハードタイプがおすすめです。

ご自身の歯を守るためでもあるので、みなさんためしてください。

先日、E -PARKの写真撮影がありました。

以前は歯科技工士さんとして働かれていたカメラマンさんですごく気さくで撮影してて楽しかったです。モデルは、、、、、、ですが、すごく素敵に当院のE -PARKのページが仕上がってますのでぜひ覗かれて見てください!!

当院のHPからでもネット予約はできますが、E-PARKからでもネット予約可能ですので予約お待ちしております!!

痛いときに行く歯科医院から定期的に行く歯科医院へ

虫歯は穴が開いてはじめてわかるものと思われがちですが、決してそうではありません、突然穴が開くわけではなく、まず虫歯菌の出す酸によって歯の表面のカルシウムやリンが溶け、歯の表面がうっすらと白くなるところからはじまるのです。

この初期虫歯の段階で虫歯に気づき、予防をして進行を止めることができれば、歯に穴は開かず、もちろん詰め物をする必要もありません。

唾液のなかに溶け出しているカルシウムやリンによって歯が修復されることもあります。

虫歯を穴が開いてから見つけるのではなく穴が開く前に白濁した初期虫歯を見つけ、予防処置をし、歯磨きや食習慣の指導をして詰めた歯を減らすのがこれからの歯科医院の役割。

削って治療をしてある歯が多い方なら、あらたな詰め物が増えないように予防し、治療してある歯の傷みを早期に発見して、小さな補修をしながら歯を長持ちさせていきましょう。

しかしこうした予防型の診療を実現するには定期的においでいただくことが大前提になります。

穴が開く前に虫歯を止めて詰め物を減らすためぜひメンテナンスにおいでください。

スタッフ一同お待ちしております。

8020運動 : あおぞら歯科クリニックは船橋の下総中山、本八幡の歯医者です

こんにちは! 神田駅前歯科クリニックです╰(*´︶`*)╯♡

アメリカの1$紙幣の肖像画となっている初代大統領のジョージ・ワシントン。彼の口元をよーく見てみると口元が少し不自然な感じがしませんか??

彼は28歳頃から部分入れ歯になり、大統領に就任した50代後半から総入れ歯になったそうです。このときに残っていた歯は、下の歯1本だけでした。

当時の入れ歯はスプリングで上下をつなぎ、歯茎に押し付けることによって動きを少しでも止めるようにしたものでした。また、人工歯は人やカバの歯を使用したそうです。なんと入れ歯の総重量は1.3キロもありました!!!

スプリングで上下がつながっていることにより、しっかりと口を閉じていないと入れ歯が飛び出してしまうことがあったそうです。

あの1$紙幣の肖像画は入れ歯が飛び出さないようにしっかりと口元を閉じ、歯がないことによって頬がこけて見えるのを防ぐために頬に綿を入れて撮影さたそうです。

彼が今の時代にタイムスリップしてきたらバリバリに演説できたかもしれませね^^

マウスピース型矯正治療(iGOシステム)|あさい歯科クリニック | 沼津 ...

こんにちは、神田駅前歯科クリニックです。

当院ではマウスピース型矯正治療(IGOシステム)による治療を導入しています。

マウスピース型矯正治療(IGOシステム)とは、《前歯の矯正》や、《1、2本の歯並びを治したい》《一部の噛み合わせを変えたい》という要望に特化した、取り外し可能なマウスピース矯正です。

ワイヤー矯正よりも比較的痛みが少なく、目立たない矯正装置です。

・そこまでひどくはないが、前歯の歯並びがデコボコ(軽度)していて気になる方

・歯と歯の間に隙間があって(すきっ歯)見た目が不自然な方

・以前矯正したが、最近歯が少し動いてきた方(後戻りしてきた)

・ワイヤーの矯正器具まではつけたくない方

・周りに気付かれずに歯並びを整えたい方

・治療費を抑えたい方

・金属アレルギーが気になる方

・歯を清潔に保ちたい方(取り外しできるので歯磨き可能)

などの患者さんに適しています。全顎的なマウスピース型矯正装置(インビザライン)よりは部分的な矯正のため、長く通院することはあまりありませんが、《適応する症例が限られる》というデメリットがあります。

透明なマウスピースをつけるだけの治療なので、気軽に歯並びを整えられます。周りに気付かれにくく、取り外し可能なため、いざというとき(大事な商談や結婚式など)は装置を外すこともできます。取り外し可能なので歯磨きもしっかり行え、虫歯や歯周病のリスクも減らせます。

また、当院ではitero(アイテロ)とい光学スキャナも導入しております。

口腔内3Dスキャナー「iTero element(アイテロ エレメント)」導入しま ...

従来のような型取りは不要で、お口の中をスキャンする事で3次元的に状態を把握し診査、診断、矯正装置の製作まで行います。型取りが苦手で気持ち悪くなってしまう方(嘔吐反射のある方)にも適応しています。

ご興味ある方は、一度スタッフまでご相談ください!

※歯並びによってはマウスピース矯正(IGOシステム)で治療できない場合もございます。そのような場合は、その他の治療法もご提案させていただきます。

1 2 3 4 5 6 7 9