ブログ|神田駅・新日本橋駅で歯科をお探しの方は
神田駅前歯科クリニックまで

  • 03-3272-0707
  • メニュー

こんにちは、神田駅前歯科クリニックです。

よく患者様から、『食後すぐに歯磨きをしないといけないの?会社ではなかなか歯磨きができなくて・・・』というご相談をいただきます

確かに、食後はお口の中の細菌の活動が活発になるので、理想は食後に歯磨きをしていただいたほうがもちろん良いです

しかし、忙しいとなかなか時間が取れず1日3回歯磨きをしていても不十分な歯磨きになってしまっていたり、1日1回・・・なんて方もいるのではないでしょうか

そのような場合は、

【1日1回、夜寝る前の歯磨きだけでもしっかり時間をかけて丁寧に磨く!】

ことを心がけてください!!!

なぜ夜にしっかりと磨く必要があるのかというと、

夜寝ている間は、お口を動かさないので唾液の量がグンっと減ります。(実は唾液にはお口の中をキレイにしてくれる力があるんですよ〜)

唾液が流れずお口の中が乾きやすくなると、お口の中の細菌たちが活発に動き回ります!つまり、寝ている間は細菌たちにとっては天国のような時間です!

つまり寝ている間は細菌と戦うことができずお口の中はとても危険な時間帯なのです!!!

なのでお休み前はしっかりと歯を磨き、少しでも細菌の数を減らしておく必要があります!

また、朝起きて歯を磨く習慣がないという方もよく聞きます

『夜寝る前に磨いて、そのあとなにも食べてないから磨かなくていいんじゃない?』と、よくみなさんおっしゃいます・・・が!!!それもとっても危険です!!

夜寝ている間に活発になって増えた細菌が朝お口の中でうじゃうじゃ・・・

そのまま磨かずにいると、お口の中は危険な状態が続き、また口臭の原因にもなります????(朝起きて口が臭いのも、唾液の量が少なくなっているのと細菌の数が増えていることに関係します)

お忙しいとは思いますが、できるだけ食べたら磨く!を心がけ、磨けなかったときは夜寝る前の歯磨きは念入りに行うことを気をつけてみてください????

先日歯周病が全身に及ぼす影響についてブログにかきました。では今日はどのようにしたら歯周病を予防できるのかを話したいとおもいます。

歯ブラシやデンタルフロスで口腔ケアも、もちろん歯周病予防になります。ここで大事なことが1つあります。夜の口腔ケアです。睡眠中人は唾液の分泌が減少し、口腔内が乾燥した状態になってしまいます。唾液には殺菌効果があるので、唾液が減る夜は口の中で細菌が爆発的に増えてしまいます。だから夜寝る前の口腔ケアをどれだけ丁寧に行うかが重要になります。

唾液線マッサージというものをご存知ですか?お口の中には、【耳下腺(じかせん)・顎下腺(がっかせん)・舌下腺(ぜっかせん)】と呼ばれる唾液の出やすいポイントがあります。唾液の分泌を促すために、唾液腺を刺激することを、唾液腺マッサージと言います。自粛期間中ということもあり、おしゃべりの機会が少なくなったりしてませんか?話すという行為は唾液分泌を促します。つまり話す機会がへってしまいますと、口腔内の乾燥は進んでしまいます。唾液分泌促進の方法唾液腺マッサージも一つです。唾液腺をやさしくマッサージすることにより、唾液の分泌が促され、細菌やプラークを洗い流し、潤いのある健康なお口に近づきます!

実際のマッサージのやり方がこちらです

唾液腺マッサージ - 介護の口腔ケアポイント・アイテム紹介

また舌体操はご存知ですか?これは唾液分泌促進の方法の1つです。

唾液の分泌をよくしましょう!:唾液腺マッサージ 舌の体操 – スタッフ ...

自粛期間中ということもあり、ストレス等溜まった時にリフレッシュ気分で行ってみてください。

こんにちは!みなさんちゃんと歯磨きされていますか?歯ブラシで歯を磨いただけで満足されてはいませんか?

歯ブラシだけでは口腔内のプラーク(汚れ)60パーセントを落とすことができるが、より口腔内を綺麗にする方法としてデンタルフロスの使用をおすすめします!

デンタルフロスを使用することによってプラークが80パーセント落とすことができるのです!正しい使用方法で使うことは肝心です。正しい使用方法で使用しなければ効果はありません

正しい使用方法がこちらです!

歯間ブラシとフロス | はじめよう!やってみよう! 口腔ケア

どのデンタルフロスを使用すればいいかわからない方もいらっしゃると思うので私が実際に使用して感動を覚えた物を紹介します。

私が紹介するものはこちらです。

新品未使用未開封 フロアフロス デンタルフロス フロスの通販 by 店り ...

フロアフロスは384本の繊維(エキスパンドタイプ)がフワッと広がり、隣接面に挿入しても歯肉を傷つけることなく、プラークを残さずからめとることができます。 ワックスつきなのに、繊維がやわらかいので、歯肉を傷つけずに歯と歯の接した面や歯肉付近のプラークを取り除くことができます。

1回使用するとみなさんも感動すると思いますので、是非みなさんも試してみてください!!

歯周病の発症、進行に関係があると言われている生活習慣の危険因子の代表は

肥満、喫煙(タバコ)、飲酒と言われています。

その中でも肥満や喫煙はよく世間でも言われているので、皆さんもなんとなくわかりやすいかと思います。

歯周病がお酒とどのような関係あるのか調べてみました。

お酒を飲むと、顔があかくなり頻脈と動悸が起こり、ときに頭痛、発汗、めまい、眠気などが起こります。

これはアルコールが分解されてできるアセトアルデヒドの毒性によるものです

アセトアルデヒドの分解能力が低い人はこのような症状がでやすいのです

この分解能力は分解を助ける酵素の活性の高低により決まります

分解酵素の1つにALDH2という活性酵素には個人差が非常に大きいこと、酵素活性は遺伝的にきまっていることが分かっています

この酵素には3タイプあり、お酒に強い活性型、すぐ顔が赤くなる不活性型、

そしてアルコールを受け付けない失活型があります。

日本人では活性型56%、不活性型40%、失活型4%といわれています

ある調査によると、不活性型の人は歯周病リスクが4.28倍も高くなるといわれています

失活型の人はもともとお酒を飲まないのでリスクには換算しません

まとめると、お酒を飲んで顔が赤くなる人は飲酒習慣を改善することによって歯周病のリスクを一つへらせることがわかります。

飲酒、喫煙をひかえて運動をすることによって全身だけではなく口腔内の問題も解決できるのです!!

皆さんも生活習慣を一度見直してみてくださいね⭐️

こんにちは。月曜日のブログで歯周病とはどのような病気なのか書かせていただきました。そこで、歯周病には合併症はないのか。今日は歯周病が全身に及ぼす影響について書かせていただきます。

歯周病の合併症、全身に及ぼす影響としては狭心症、心筋梗塞、脳梗塞、糖尿病、低体重児出産、誤嚥性肺炎などがあげられます。その中でも糖尿病との関連についてお伝えします!!

糖尿病と歯周病はともに代表的な生活習慣病で、生活習慣要因として食生活や喫煙に関与します。糖尿病は喫煙????と並んで歯周病の二大危険因子であり、一方歯周病は三大合併症といわれる腎症・網膜症・神経症に次いで第6の糖尿病合併症であり、両者は密接な相互関係にあります。

歯周病は細菌感染症なので、慢性的で、軽微な、炎症が持続していることになります。そのため歯周病細菌から毒素が産生され、歯周組織を破壊する一方で、この細菌を攻撃する為に体の中でも炎症性の物質が常に産生されていることになります。

その結果負のスパイラルが起こります!!

歯周病の治療は早期発見、早期治療が重要です。炎症がまだ歯肉にとどまっている歯肉炎であればほとんどの場合が正しい歯磨きや歯石除去で治ります。

しかし、炎症が歯肉を通り越して歯を支えている「歯槽骨」まで及んでいる歯周炎であれば長期的な治療が必要となり、また治療が終わっても糖尿病と同じ慢性疾患ですのでゴール治癒はありません。

また糖尿病の方のお口の中の特徴として、ドライマウスがあげられます。お口が乾くことで虫歯にもなりやすい状態になりますので定期的に歯科医院を受診しましょう!!お口の中の状況により定期検診の間隔は変わりますので、一度歯科医院を受診されてみてください!!

こんにちは! 神田駅前歯科クリニックです!

外出自粛制限のストレスでたばこの本数増えてないですか〜?

今回は、たばこについてお伝えします٩( ‘ω’ )و

体に悪いことは十分ご存知だと思いますが、お口の中にも悪影響を及ぼすのです!

こんなにもお口の中に悪影響を及ぼします(/ _ ; )

そもそもたばこの何が悪いのかというと、

タバコの煙に含まれる〈一酸化炭素>は組織への酸素供給を妨げます。

<ニコチン>は血管を縮ませるので、体が酸欠・栄養不足状態になるのと、体を守る免疫の機能も低下させるので病気に対する抵抗力が落ちたりアレルギーが出やすくなります。

更に傷を治す組織を作る細胞の働きまでも抑えてしまうので、手術後の治りも非喫煙者の方と比べると悪くなります。

また、歯の表面にヤニがついていると見た目が汚いのと歯がザラザラして細菌が歯の表面に付着しやすくなります。お口の中が乾燥しやすくなるので、虫歯のリスクも増えます!

このような感じお口の中とたばこの関係は深いのです!

ご自身の健康と周りの人の健康を守る為にも、少しずつ禁煙をはじめてみてください^ ^

こんにちは!神田駅前歯科クリニックです!

突然ですが、日本の成人の8割がかかっている病気があります。なんだと思いますか??

答えは『歯周病』です!

歯周病はお年寄りの病気だと思われがちですが、実はそうではありません。小学生でもすでに4割が、初期症状である『歯肉炎』にかかっており、20代では約7割、30代では約8割が歯肉炎にかかっています。

歯肉炎は歯ぐきの炎症です。炎症の範囲が歯ぐきに留まっている段階で治療すれば治るのです!しかし、歯肉炎を放置しておくと・・・・!!!

取り返しのつかない『歯周病』(歯を支える骨にまで炎症が広がった状態)になります。

でも、「歯肉炎って自分ではわからない!」という方!歯ぐきからのSOSサインを見逃しているのかもしれません。

☑️歯と歯ぐきの境目にちょっと赤いところはないか?

☑️歯磨きの時に血が出ないか?

☑️最近口臭が気になると思うことがないか?(自分では気づきにくい口臭。ビニール袋や紙コップの中にハーっと息を吹きかけてチェックしてみましょう!)

口臭についてはまた今度詳しく書きますが、実は歯ぐきに溜まった汚れにより発症する歯周病は、口臭の原因になります!(しかも、ニンニクやお酒よりももっと強烈な匂い!排水溝みたい!と例えられます・・・)

じゃあ歯肉炎になったらどうしたらいいの?!治らないの!?と思いますよね。

よくこのようにおっしゃる患者様がいます。

「歯磨きやフロスをすると血が出るから、血が出てるとこはやらない」

逆です!!!!!!!!血が出ているということは炎症のサイン!時間をかけて歯磨き、フロスをしてください!(最低でも2週間は続けてください)

歯肉炎なら毎日デンタルフロスを使って歯ぐきの中をお掃除することでちゃんと改善できます。続ければずーーーっと健康な歯ぐきでいられます!

フロスを使う習慣をつけて、健康な歯ぐきを目指しましょう!フロスがなかなかうまくできないという方は丁寧にごお指導させていただきますのでご相談ください♫

こんにちは!

神田駅前歯科クリニックです!

今日は明け方から雨風が強まっており、家の窓ガラスがガタガタと鳴っていたのであまり熟睡できませんでした。。

私たちが寝ている間は、体は休んでいるように見えて脳は想像以上に活動しています。

睡眠は深い眠りの【ノンレム睡眠】と【レム睡眠】とがあります。

このうち、レム睡眠はごく浅い睡眠でこの段階に入ると閉じた瞼の内で眼が勢いよく動くことから名前が付けられたそうです。

レム睡眠とノンレム睡眠とは?大脳の発達とそれぞれの関係

Rapid Eye Movementoの頭文字をとってREM(レム)といいます。

rapid train(快速電車)電車に乗る方ならrapidという単語は目にしたことはあるかもしれませんね!

ちなみに歯科では、rapid expansionという矯正歯科治療で使用する上顎を広げる装置があります!

話がそれてしまいましたが、歯ぎしりはノンレム睡眠、つまり浅い眠りのときに発生する頻度が高く、歯ぎしり型と食いしばり型、その混合型が多く見られます。

ギューっと噛み締め、きしませギシギシ、ギリギリ…

私たちは、神経組織を持っており、緊張やストレスに対応します。

夜眠りについた頃その1日の緊張やストレスに反応しているのです。

歯ぎしりは自分では気が付きません。

留筋肉で歯をぎゅっと噛み締めるその圧力はおよそ1㎠に21kg、

犬歯の切端(せったん・前歯で上下の歯が噛み合わされる部分)

ではなんとおよそ4、7トンにもなります。

そこで、上下の歯の噛み合わせを調整をすると、歯にかかる圧力は均一になり、

高いところがその邪魔にならないようになります。

また、就寝時だけマウスピース(ナイトガードと言います)を使用していただくと歯や顎に加わる力を緩和できます。

下あごが動いて強く噛みこもうとしてもスルスル滑って力が分散しやすく、

噛みこんだとしても歯の代わりに削れてくれます。

歯ぎしりや食いしばりの自覚がなくても、犬歯や前歯が削れている、詰め物や被せものがよく壊れたり外れてしまう、歯が折れて抜歯になったことがあるなどのかたは力のコントロールが必要かもしれません。

大切な歯を守るために是非一度ナイトガードについてご相談ください!

歯科医院で作れるマウスピースって? | 神戸元町の歯医者なら神谷歯科 ...


皆さんこんにちは!

現在、自宅でお過ごしの方が多いと思われますが、お菓子や甘いもを口にする機会が増えているかたもいらっしゃるのではないでしょうか?

また、喉が渇いた時にジュースで水分補給をされたりしていませんか?

私もついついお菓子や甘いものを食べてしまい、食べ始めると止まらなくなります。。

しかしそれは歯にとってはとても危険なことなのです。

私たちのお口の中にいる虫歯菌は砂糖を摂取すると酸を作り出します。

その酸によってお口の中が中性から酸性になり歯が溶けていきます。

では、どうやって酸性から中性に戻るのでしょうか?

実は唾液が大きな役割を果たしてくれているのです!

以前にも唾液についてブログを書きましたが大切なことなので再度書いておきます

唾液には緩衝作用という役割があり、お口の中を酸性から中性に戻してくれる働きがあります。

誰もが間違っている!?本当の虫歯(う蝕)の原因と予防法を完全網羅 ...

では、溶けてしまった歯はどうなるのでしょうか?

実は…

溶けるといってもたいした量は溶けません。

しっかり歯磨きしていれば、唾液の力で中性に戻った後再石灰化という現象が起きます。

再石灰化とは、溶けてしまったカルシウムを再び歯に取り込むことです。

川崎市宮前区 こじま歯科医院 田園都市線 鷺沼駅徒歩1分の歯医者

そして、再石灰化した歯は今までよりも硬い構造になり、強い歯になります。

ですが、、ダラダラ食いをしていると、お口の中がずっと酸性の状態になるので

再石灰化もされず歯がずっと溶けている状態になります。

甘いお菓子やジュースは虫歯菌の大好物です!

出来ればおやつも時間をしっかり守って頂き、ジュースを飲むのもおやつの時間だけなどと決めて、水分補給はお水か、お茶か無糖のものを飲むようにしましょう!

それだけでも、虫歯になるリスクをグンと下げることが出来るのです。

ご自宅にいる際は、間食のとりかたにも少しだけ気をつけてお過ごしいただければと思います。

こんにちは、毎日ニュースでは新型コロナ感染症についての話題で持ちきりですが、新型コロナ感染症の初期症状として味覚障害が生じるという報告がされています

お笑い芸人の森三中の黒澤さんも初期症状として、味覚・嗅覚異常がありPCR検査をうけたところ陽性判定だったとのことです。海外におても、30〜70%の人が初期に訴える自覚症状として味覚・嗅覚異常が報告されています

ではなぜ新型コロナウイルスに感染すると味覚障害が起こるのかご説明します。少し専門的なお話になりますが、、、

新型コロナウイルスの場合、『ACE2受容体をもつ細胞に感染する』ことが報告されています。そのACE2受容体は体内のあらゆる箇所に存在しますが、口腔内粘膜にも多く存在することが報告されています

味覚障害は、舌の上に多く存在する味蕾細胞(甘い・しょっぱいなどの味覚を感じる細胞のこと)が新型コロナウイルスの感染によって破壊されて起こるものと思われます。体内への入り口である口腔は鼻腔とともに、咽頭や気道よりも先に感染するのだと推測されます

すなわち、感染後極めて初期の場合は発熱や咳や呼吸困難がなく、味覚・嗅覚障害のみが現れることも十分考えられます

感染が時間とともに咽頭・喉頭・そして肺へ広がる可能性が当然あります。味覚障害は新型コロナウイルス感染の自覚症状の重要なひとつのシグナルだと認識してください

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10